バセドウ病が心配な人に東京の専門医が特徴を解説します

バセドウ病とは、甲状腺から分泌されるホルモンが過剰に分泌されている場合の甲状腺機能亢進症の代表されるものです。本来、甲状腺ホルモンは血液中で一定に保たれます。甲状腺刺激ホルモンによって、甲状腺ホルモンが不足している時には分泌を促進し、多い時には抑制します。自己免疫機能に異常をきたすと本来攻撃する必要の無い組織に対しても攻撃することがあります。バセドウ病の方は甲状腺細胞TSH受容体に対する自己抗体を産生します。この抗体により、甲状腺ホルモンが過剰に分泌させます。本来、甲状腺ホルモンの分泌を促す、甲状腺刺激ホルモンの濃度が低い状態です。男性よりも女性の方が数倍多く、特に若い女性に多い病気です。発病のきっかけは過労やストレス、出産などが引き金となるケースがよくあると考えられています。東京には専門医の病院が多くあります。

バセドウ病の症状を詳しく解説します

バセドウ病の症状は多くの場合、体重が減少します。エネルギーの消費量が増えるので、食欲はあっても体重が減っていきます。脈拍が早くなり、動悸を感じる事があります。暑さに弱く、汗かきになります。指先の振るえを自覚することがあります。筋肉が落ち、疲れやすくなります。下痢をしやすくなります。精神的に落ち着きがなくなり、集中力が低下します。このような症状の他に甲状腺の腫れや目の症状がみられます。甲状腺は喉ぼとけの下の部分に存在している組織です。バセドウ病では多くの場合抗体によって刺激され、甲状腺が腫れてきます。甲状腺の腫れは甲状腺腫と呼ばれ、バセドウ病でも目に症状が現れるものはバセドウ眼症とされています。目の症状は驚いた時のように目が大きく見開いた状態になることがありますので、症状に心当たりがあればすぐに東京の専門医に相談しまましょう。

バセドウ病の診断、治療について解説します

東京の専門医によればバセドウ病の疑いのある症状が有る場合、血液検査で診断する方法が取られます。異常があれば甲状腺ホルモン濃度が正常範囲を超えてきます。多くの患者の方は甲状腺刺激抗体が陽性となります。治療に関しては内科的治療や外科的、放射線治療の三種類があります。内科的治療は甲状腺ホルモンの過剰分泌や合成されてしまうのを抑制する薬を服用する治療です。1から3ヶ月ほどで、甲状腺ホルモンが正常範囲までに低下します。副作用も出やすいので、経過観察が必要です。外科的治療は手術により、甲状腺の大部分を切除する方法です。1週間程度の入院となります。放射線治療はヨードを服用し、ヨードからでる放射線で甲状腺組織を破壊し、甲状腺ホルモンを減らしていきます。甲状腺機能が高い間は余計な負担を避けることは必要です。