東京の専門医がバセドウ病の原因と症状を分かりやすく説明します

バセドウ病という病名を耳にしたことがある方も多いと思います。しかし、症状としてどの様な特徴があるのでしょうか。甲状腺ホルモンが過剰に作られるため、新陳代謝が盛んになることで様々な症状が現れます。特に女性に多い病気で、男性1人に対して女性5~6人程度と言われています。また、30~40歳代の方の発症が最も多く認められています。例えば疲れやすく身体がだるく感じたり、甲状腺が腫れたり、眼球が出てくる、微熱が続くなどの症状があります。また男性の初期症状として、体重が急激に減少したり、動悸がするなどの症状が現れます。男性と女性とでは初期症状も違ってきますので、身体の不調やバセドウ病を疑うような症状がある様な場合は専門医が多くある東京で診察、検査をしてみると良いでしょう。

東京の専門医が語るバセドウ病を疑う症状とは

甲状腺の病気のひとつでバセドウ病があります。東京の専門医で疑いがある症状を性別や年代別によってまとめていますので、いくつか紹介します。バセドウ病は甲状腺が腫れる甲状腺腫・頻脈といった、疲れやすかったり不眠やイラつき、子供によっては成績の低下など・眼球突出や上瞼が腫れたりといった眼にも症状が出てきます。この様な症状は女性に多くみられ、特に30~40歳代の発症が多く認められています。また、男性では体重が急激に減少したり、動悸が激しくなったり発汗や全身の倦怠感などが初期症状のデータとして挙げられています。発症は40~50歳代が多いとみられています。この様に、性別や年代別で初期症状は違ってきますが、身体の不調などの症状が現れたら、専門医のみならず、病院に行って診察・検査をするよう心掛けることが大切です。

東京の専門医が語るバセドウ病の原因と治療

バセドウ病とは自己免疫の異常による病気であり、実際の原因ははっきりしていません。特に女性に多い病気であることから、過労やストレスの他に出産も発症の引き金になることが多いといわれています。また、遺伝性はないようですがなり易い素質はあるようです。治療の目的は甲状腺ホルモンを正常化する事で、主に内科的・外科的・放射線治療の3つになります。内科的治療として甲状腺ホルモンの分泌を抑制する薬を服用することです。外科的治療としては甲状腺の大部分を手術により切除することです。1週間前後の入院が必要となります。最後に放射線治療です。放射線を出す薬を服用し、甲状腺組織を破壊し甲状腺ホルモンの分泌量を減らします。どの治療法を選択するかは東京 専門医と相談し、自分に合った治療法を見つけることが大切です。