東京の専門医が教えるバセドウ病かどうかの判断ポイント

バセドウ病とは何か、東京の専門医が教えてくれます。バセドウ病は別名、グレーブス病ともよばれています。甲状腺機能亢進症の中の一つとなります。この病気にかかると、甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、新陳代謝が活発になり様々な症状があらわれます。バセドウ病は女性の発症割合が高く、20~30代に多いです。男性の4倍ほどの患者数となっています。ただし、男性でも高齢者でも小児でもなり得る病気です。難病や奇病としての指定はされていないので、適切な治療を受ければよくなることでしょう。ただし、おかしいなと思うことがあったら早めに病院で受診してください。受診する際に、バセドウ病に当てはまるような症状が見受けられる場合は内分泌科、そうでない場合は内科を受診して血液検査を受けて甲状腺ホルモンの数値についても言及してみてください。

バセドウ病で東京の専門医にかかる前に

バセドウ病の専門医は東京に存在します。バセドウ病の症状例として、多量の汗をかく、動悸がする、疲れやすい、皮膚が黒くなる、脱毛する、手足がしびれる、厚さに弱くなる、眼球が出てくる、イライラする、食欲はあるのに体重が減少するといったものになります。このような症状が表れたら病院を受診してください。甲状腺機能亢進つまり新陳代謝が活発になっておこっている症状になります。甲状腺ホルモンの数値は血液検査ですぐにわかるようになっています。TSH(甲状腺刺激ホルモン)、FT3、FT4の数値で医師、専門医が判断してくれます。TSHは基準値が0.50~5.00μIU/mlで低い場合、FT3とFT4は基準値より高いと甲状腺機能亢進が疑われます。早期の受診が早期発見、早期治療につながります。

東京のバセドウ病の専門医の治療方法は

バセドウ病の東京の専門医を探しましょう。バセドウ病の原因は詳しくはまだわかっていません。ただ、環境要因と遺伝要因が関わっています。環境的要因はストレスが占める割合が大きいです。環境が変化したときのストレス、例えば進学、転勤、別れ、等です。遺伝的要因の場合、バセドウ病患者の15%は身内にも同じバセドウ病の人がいた場合があります。他には、間接リウマチと併発する患者さんもみえます。たばこを吸う人も罹患率が高いです。喫煙者は再発する人が多い傾向にあります。治療方法は3種類あります。薬物療法で抗甲状腺薬を内服する方法を選択する人が約9割です。この中の約半数は2~3年で甲状腺ホルモンの数値が正常化します。医師の判断で徐々に薬の量を減らしていき最終的に薬を飲まなくても良い状態にすることが目標です。2つ目は放射線治療です。放射瀬を当てるのではなく、薬のようなカプセルを飲みます。3つ目は手術です。